カヤランの木付け

昨年秋に杉山で落下していたカヤラン。
 樹から落ちたままでは生育しないらしい。
    持ち帰って育てる方がカヤランにとっては良いみたい
  拾ったのは大小併せて約20株。

後でwebで検索すると、付着している杉の枝ごと持ち帰り、そのままヘゴなどに縛り付けた方が生育し易いようだ。

カッキーはそのことが判らなかったため、全て枝から外し持ち帰った。
これから寒くなるので、今からヘゴなどへの木付けでは活着が悪かろうと思い、↓の様に豆腐の空き容器に湿らせたクッキングペーパーを敷き、その上にカヤランを置き、全体をポリ袋で包みやや温かい部屋で春まで置くつもりでいた。

時々乾いていると霧吹きで水を与えていた。
↓小株小さいものは2cmほど、大きいもので5cmほど。
カヤラン小

2月ごろまでは、青い気根がよく伸びていたが、4月の温かい日が続きだしたころから、↓の様に茶色く変色し葉も元気がない容器も出だした。
 恐らく蒸れたのだろう。
カヤラン中

そこで時期的には少し早いかもしれないが木付けすることにした。
以前は水苔とヘゴ柱に付けたことがある。
拾ってきた時と同じ杉材(杉皮)を探したが良い物がない。

今回は、杉材に近い剪定したカイズカイブキの太枝(5-10cm)を用いた。
 カッキーはカイズカイブキにセッコクやフウランを付けている。
カヤラン木付き-1
木綿糸でカヤランの根を縛るように巻いていく。
カヤラン木付き-2

この後、ベンレート消毒を行い、活着するまで衣装ケースに入れ、湿度と温度を与えようと思っています。



もしよろしければ↓↓↓をポチポチとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和のカッキー

Author:大和のカッキー
奈良県北部で家庭菜園を
作る楽しみ、工夫する楽しみ、
健康のために植物と接しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
リアルタイム
現在の閲覧者数:
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア