遅いのかニンジンの種まき

これが本当の”遅まきながら”ニンジンの種まきです。
 辞書によると ”遅まきながら”とは、遅れて物事を行う意味。
   「遅まき」とは遅い時期に種を蒔くこと。とあります。


ニンジンの播種時期は中間地(一般地)では8月中旬までになっています。

タキイの資料によれば、
 ニンジンの生育適温は平均気温18~20℃。

  播種から肥大期(本葉7~10枚)になるまで50日ほど要するから、平均気温18~20℃になる時期より逆上って50日前ごろが播種適期になるようです。

 奈良市の気温変化を見ると、2014年9月10日頃から20℃前後、10月12~13日頃まで18℃以上になっていました。
余裕をみて、9月下旬までに本葉7から10枚に育っていれば大きくなる。と想像できます。
 従って、9月下旬から逆上って50日前といえば8月10日頃が播種日になります。が、

この計算からすると、9月2日播種では50日後は10月20日頃になり、
 10月23日頃から15℃以下になります (-_-;)。

でも、種苗屋のおばちゃんは最近は温暖化で9月に入って播種しても生育するよ。とのこと。

 なぜ、播種が遅くなったのか、今年は雨が多い、たまにある晴天の日は用事があって畑に行かれない。の繰り返しで8月中旬までに播種出来なかったのです。 
  
今日も久々の天気。明日も雨模様なので今日撒くことにしました。
 上手く育てればいいのですが。


今日(9月2日)に種を蒔いたのは、以下の2種。
  タキイの"恋こころ"と みかど協和の黄金ニンジン"金美EX"。

↓赤いニンジンは初めて。
恋いこころ

↓以前に作った事がある黄色ニンジン。、甘く柔らかくニンジン臭がないのでニンジン嫌いなお子様にに。
金美ex

一週間前までに苦土石灰、有機化成を施用し、金美EXはホウ素要求が強いとのことでBM容リンを加えました。

1cmほどの撒き溝に種を落とし、薄く覆土をして乾燥防止に生籾殻を載せ、その上から夕立など雨から土を守るため不織布のベタ掛けです。
ニンジン播種


ところで、↓のような地図が種袋に載っていますネ。
 いつも思うのですが、なぜ奈良県は高冷地になっているのでしょうか?
確かに奈良県の南半分は山間地ですが、京都や岐阜などに比べ気温は高いように思うのですが。
 カッキーは奈良県北部で↓の分類で一般地(中間地)を参考としています。
播種地図



もしよろしければ↓↓↓をポチポチとお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大和のカッキー

Author:大和のカッキー
奈良県北部で家庭菜園を
作る楽しみ、工夫する楽しみ、
健康のために植物と接しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
リアルタイム
現在の閲覧者数:
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア