FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポータブルCDプレーヤーの電源

カッキーはCDプレーヤに主にポータブルプレーヤを使用しています。
もっとも据え置き型として、友人から頂いたSONYやPANASONICが有りますが。

一つに、数十年前?のステレオ誌に10万以下の推薦CDプレーヤとしてパナだったかソニーだったか?のポータブルCDプレーヤ(以下PCDP)が載っていたこと(うる覚えですが故江川氏かと)。金欠病にとってはこの上ないこと。

そして、電池駆動が可能でノイズ面から有利であること。
さらに、小型で手元で操作できることで重宝しています。

機種はPanasonic SL-S155、S390の2機を持っています。
両機種とも20年前の製造ですが完動です。

電池駆動では、単一型(1.2V2200mAh)ニッカド充電地を4ヶ直列(4.8v)で。
4.8vにしたのは、純正電源アダプターが4.5vであったため。
内蔵電池が3vなのに、と思いつつ。
PCDP電池

さすが電池の音は静かで綺麗です。
但し、充電に10時間必要ですが(寝ている間に充電しています)
この状態で20年余り、納得してCDを聞いてきましたが、

最近web検索していると、6v8Ahの鉛蓄電池を試したが音が平面的なので、アナログ電源を作り直したとか。
また、純正の電源アダプターを分解するとコンデンサーはお粗末なもの、と書かれているのも有ります。

なので、アナログ電源を手持ちの部品で作ることにしました。
CCDP電源回路
トランスはトヨデンの6.3vCT付き1A、ブリッジダイオードは200V15A、コンデンサーだけは秋月で購入50円/個、3.5kΩ3wは放電用、ブリッジDとコンデンサーの間の抵抗0.2Ω3wは突入電流対策?のおまじない。

トランスの2次側はCT端子を使い、3~4v出力を想定(内蔵電池並み)。
↓格好悪いので小さくしておきます。
PCDP電源3内部

コンデンサー容量はダム効果を狙って、もっと大きくしたいのですが突入電流が怖いのでひとまずこのぐらいで(24600μ)
トランスは2Aタイプの方が良かったかも。

結果、無負荷で4v強、プレーヤー稼働中で3.4v。

PCDP電源2
ケースはジャンク品使用で穴が・・・・・・・。
PCDPは合板の上にブチルゴムで2mm銅板を貼り、その上にソルボセンイで貼り付けています。
PCDPの重量増と振動から逃れるため。

↓の専用プラグの規格が解らなかったので、車専用2極中継プラグセットで繋いでいます。
PCDP電源プラグ
どなたか、専用プラグの規格が解る方お教えください。

試聴した結果、電池駆動より厚みが有ると言うか、元気が有る感じがします。
これから鳴らし込みを行うと音も変わると思いますが。

また、LM350などのレギュレーターを使い定電圧化すると、また音も変化するでしょう。
併せて、3Vでも動く様なの電池駆動も2ヶづつの並列(2.4v)も考えたいです。
これからが楽しみです。

私の大好きな”しばたはつみ”さんの歌声も迫力があり、しかも丸味のある音で聞こえます。
しばたはつみ



もしよろしければ↓↓をポチットお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村











スポンサーサイト

にょきにょき 出てきたよ・初採りシイタケ

原木に植菌後1年8ヶ月で立派なシイタケが出てきました。
2017・2月の植菌の様子はこちら原木へ植菌

先日NHKのテレビで椎茸栽培を放映していた、”そうだ我が家の椎茸原木は”と思い、今まで放任してあった原木を見に行った。
181023tr.jpg
すると、ニョキニョキ椎茸が出ているではありま~せんか。
181023tr-2.jpg
直径10cmほど笠が開いています。
181023tr-3.jpg
早速、火であぶり酢醤油でパクリ、美味しいです。

でも、椎茸が上がっている原木とそうでない(知らん顔の)原木や雑菌(キノコ)が出ている原木も有ります。

それに、原木が2~3年持つらしいのですが、それまでに新しい原木を見つけて植菌せねば、夢は広がります。

もしよろしければ↓↓をポチリとお願いしやす。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

今が見頃・紅花常葉満作

自動車道の堤防に濃桃色の木が目に入りました。
遠目ではは”スオウ:花蘇芳”かなと思っていましたがチョト近づいてみました。

マンサクの花の形ですが色が違います。
早速、PCで検索しました。

ベニバナトキワマンサク(紅花常葉満作)
マンサク科トキワマンサク属の常緑の低木。
白花は日本で自生が見つかっているが、赤花は中国原産らしい。

ちなみに、マンサクは初春に黄色い紐状の花弁を咲かせ
マンサク科マンサク属で上記とは属が異なっている。
また、マンサクは日本各地に自生していると。

紅常マンサク全体

紅常マンサク-1
葉っぱが比較的小さく、樹全体が濃桃色で覆われている
紅常マンサク-2
リボン状の花弁が面白いですね。
紅常マンサクup-1

紅常マンサクup-2


もしよろしければ↓↓をポッチと
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

z002400の住処のその後

<前回のZ002400の住処

今回は、ファンネルダクトスピーカーの密閉箱仕様→バスレフ仕様に変更。
と 云っても、ファンネルを取り付けた底板を取り替えるだけ。

バスレフ3
底板にファンネルより一回り小さな穴をジグソーで開け、ファンネルを取り付けます。
1バスレフ
↓手前(左)が密閉箱用底板、奥(右)がバスレフ仕様の底板です。
底板2種
ファンネルそのものの大きさは同じですが、密閉箱用ファンネルには塩ビ菅(18mm内径)の5mm長、バスレフ箱用には28mm長の塩ビ菅を乗せています。
 塩ビ菅の太さ、長さは特に計算や経験上からでなく、何となく、適当です。(カッキーのいい加減なところが出ます)

底板を取り付け、2cm厚のゴム板を小片を底部に差し込み、空間を保っています。
IMG_2968バスレフ箱全
(このゴム足は、密閉仕様の箱でも同じ様にしました)

試聴です。
密閉仕様とバスレフ仕様の差はカッキーの耳では明らかな差は見られません。
どちらかと云うと、バスレフの方がやや柔らかい音かな、ぐらいです。(プラシボ効果?)

両仕様とも今回のファンネルダクトスピーカーは
音は鮮度が高いと言うか、活き活きしている
ヴォーカルはもちろん、ベースやドラムの音が力強く再生されています。

音の鮮度?には、ファンネルの形状やトイレ/スッポンゴム使用のディフェーザー、箱内側に張った半丸棒などで定在波を除き、吸音材を使用いていないことが大いに寄与していると思います。


◎金澤英明の「ベース・バースペクティブ」のベース音には太く弾ける驚いた。
CD2.jpg

◎ラムゼイ・ルイスの「アイヴォリー・ピラミッド」
カッキーお気に入りのfusion。
CD1.jpg

◎山本英次の「コーヒブレイク・ヴィズ・ピアノマン」で音の余韻が感じられた。
CD3.jpg

その他、のCDを片っ端から聞いて見た。

ユニットのキャラもあるだろうが、言い方が悪いが、下手なミニコンポに付いているスピーカーより数倍も良い。

今回の箱で、ユニット以外、簡単に手が入り比較的安価でコストパフォマンスは高いと思われます(漏斗ホームセンターで130円、トイレ用スッポンゴム100円)。むしろ、箱内部に張った檜の三角棒90cm250円、半丸棒150円の方が高かった。
後日、HCで物色すると、朱色の発砲材?の三角柱(面木というらしい)が180cmで35円前後で売られているので今後これにしよう

ドラムやベースが良く再生され低音感は充分満足ですが、前にも書いたようにパイプオルガンの低域が聞こえない。
で、周波数特性を調べたいのですが、カッキーのPC(デスクトップ)にハムノイズ(60c/s)がどうしても除けない。
この前後の、測定は不可能?。

で、「情熱の真空管」より拝借したサンプル音源(wav)20、30、50c/sをアンプを通し、再生した。
結果、30c/sまでは聞こえず、50c/sで弱いながらも聞ける程度でした。

どちらにしても↓のように底(箱の一面)がポッカリ開いた箱からまともな音が出ると誰も想像できません。
ファンネルダクトスピーカーは面白く、不思議なBOXです。
底から見box

もしよろしければ↓↓をポチと
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村




糸蘭、購入30年後初開花

30年ほど前に購入した糸蘭(素芯花)が初めて咲きました。
増えること増えるのですが一向に花は見られなかったのですが、1花ですが今春やっと開花しました。

昨年の異常気象のせいでしょうか?
素芯
糸蘭素芯

今年はきっと良いことが有るような・・・。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
プロフィール

大和のカッキー

Author:大和のカッキー
奈良県北部で家庭菜園を
作る楽しみ、工夫する楽しみ、
健康のために植物と接しています。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
リアルタイム
現在の閲覧者数:
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。