カンキツ苗の定植

ネットで注文していた柑橘の苗が到着しました。
カンキツの植え付けは暖かくなってからなので、奈良では丁度良い時期になります。

↓注文したものは、素掘り苗(育苗畑から掘り起こした)で、細根は多いですが、土は少し付いていますが殆ど裸苗、。
1年苗 2年苗
左が1年苗、右が2年苗。
到着した時点で開封すると、付着していた土は乾いており、直ぐに水を掛け、ビニールシートで被い直しました。

↓到着翌日に定植。
その前に、30分ほど水に漬け吸水させます。
水バケツ

↓吸水させた苗は、根を広げて植え付けます。
この時点で支柱へ仮固定しておき、
少し土を入れ、細根の中に棒を差し込み、棒を揺すると土が細根の間に入っていきます。
定植1-2 定植1
植え穴は、1ヶ月ほど前に40cmφほど耕耘、苦土石灰・熔リン・牛糞堆肥を混和しておきました。

穴の周りの畦波シートは、この中に笹などの根っこが入って来ないように。
この畦波シートの輪っかを樹の生育と供に広げていけば良いので、始めから大きな穴を掘らなくても良いです。

↓土を入れていくが、途中で水をドバドバと入れ、土と根っこを馴染ませます。
定植2

↓再度、土を入れていく、深さは接ぎ木部分が地上に出ているように浅植えします。
最後に、支柱に幹を固定して、水をタップリ与えて完了。
定植3

↓未だ、霜が降りる日もあるので、乾燥防止を兼ねて、不織布を撒いて防寒処理しておきます。
防寒

今回注文した品種は「みはや」「べにばえ」「はるひ」「麗紅」の4種です。
いわゆるオレンジ系?の交配(雑)種。
本当は、愛媛や静岡など奈良より暖かい地域で育てる品種、温暖化も手伝って、上手く行くように思えるのですが。

気温が低い分、糖度の乗りも心配。
「みはや」「べにばえ」は11月~12月が熟期で、問題無いと思えますが、「はるひ・麗紅」は2月上中旬が熟期なので・・・。
”ぶらぶらハウス”なるものがネットで紹介されているので、試みるつもりです。

もう一つ、気に成るのは、今植えた位置がハッサクの横、本来単為結果で無核の実がハッサクの花粉で種が入ってしまうこと。

実が成るのは2~3年先、美味しい果実が採れることを祈って。

もし、よろしければ↓↓をポチッとお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

春蘭

二月ごろ、市内の産直店?で、蕾茎3本付いた株が500円で売られていた。

安いから買ってみるか。
花茎を包む苞がピンク色、
根の周りが山土で覆われ、水苔で巻かれていた。
日本春蘭の山取株のようだ。

花後に消毒して本植えする予定で取り敢えず、鉢に仮植え。

その花が開花した。
香りは開花寸前に臭うが、持続性はない。
花茎が赤い、カッキーが今まで見てきた野生の春蘭は黄緑色が殆ど。
ネットで検索すると、このような赤味のある春蘭も普通にあるようだ。

2,3年鉢で培養し、様子を見よう。
IMG_7115tr.jpg
IMG_7121tr.jpg
IMG_7122tr.jpg


よろしければ↓↓をポチポチとお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

原木しいたけ栽培に挑戦

昨年秋、菜園仲間から”原木しいたけ”を頂いた。
 その日の内に、そのままコンロで炙り、ポン酢を掛けて。
  香りと歯ごたえが堪らん。

この味が忘れられず、挑戦してみたいと思っていた。

今年の1月下旬に近くの雑木林を伐採していたので、クヌギの原木を分けて頂くことに。

椎茸栽培はカッキーは始めてなので、経験者を含む菜園仲間3人で共同作業。
取り敢えず、山から持ち出すために、径10cm以上の幹を1mほどにチェンソーで裁断。

経験者談、原木は1ヶ月ほど寝かす(乾燥?)させると良い。とのことですが、個々の仕事の関係から半月ほど寝かした後、菌の移植を行った。

原木

使用工具
原木に穴(菌を摂取)を開けるドリルと専用錐。
ACドリル
ドリルは、最初充電式コードレスドライバーを試したが、一個のバッテリーで原木2本に開けるのが精一杯。
ここは、ACコード式ドライバーの方が能率がいい。
専用錐
ドライバーに付ける専用錐は、菌のメーカー(市内の園芸店で2社あった)ごとに若干径が異なっていた。
(メーカーごとに菌駒の大きさが異なるので注意)

ドリル穴
今回、購入した菌は↓のメーカのもの。メーカごとで特徴がある。
共同作業を行う経験者がこのメーカの専用錐を持っていたので、これに決定。
市販菌
この菌駒800ピースで3000円前後。専用錐は700円弱。

菌駒を原木に開けた穴に叩き込むハンマー(100均のプラハンマー)
プラハンマー
菌に金属(鉄)は良くないと云う人が居って、今回はプラハンマーと木槌を使用した。
(メーカのHPを見ると金属ハンマーがセットで売られているので問題ないようだ)

原木にドリルで穴を開ける。
メーカーの取説によれば、10cm径の原木で、穴間20cm、列間4cmとあるが、皆適当。
原木穴開け
ただ、細い原木は粗く、太いものは密に植菌したほうが良いみたい。

袋から出した菌駒(表面は椎茸菌糸が駒に纏わり付いている)
菌駒1
ほぐした菌駒。
菌駒2

原木へ駒1
開けた穴に菌駒1ヶづつ入れ、ハンマーで叩き入れる。
菌打ち込み
原木菌駒平ら

この後、原木は平積みして、4~5月頃に竹林下などで本積みする。
平積み

今回、原木はクヌギ、コナラなど落葉樹で、太さ10cm前後から20cmほど、長さ50~100cmほどまで様々、径50本余り、
使用菌駒2400ピース(800×3箱)、
植菌作業時間4人で半日(8時~11時)。

さて、さて、2年後に立派な椎茸が採れますように!

なお、詳しい栽培方法はメーカーの取説を参考にしてください。
カッキーはいつも、手抜き&いい加減で行いますので。

もしよろしければ↓↓をポチットな
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

スピーカーボックスDTQWTの妄想

年始め、一番目はスピーカーボックスの記事で、こんなん考えました。

”オイオイ”このブログは野菜つくりじゃないの?

良いじゃないの、この時期、野菜は収穫だけだし、新しい品種も無いし。

年末から、思いをつのらせた、想像・空想・妄想のD(W)TQWT.

前回、ミニTQWTを作成。その後webで検索していると、「D(ダブル)TQWT」↓と言うのがヒットした。
DTQWT2.jpg
図-1 TroelsGravesenのDTQWT
これは20cmミッドバスに30cmのウーファーを付けた大がかりな物、これについては、批判的な意見も多いようだ。
他のタイプとして30cmウーファー2発付きのものも。

↓は手持ちの資料(塩野谷氏がラジオ技術1987で紹介されているMichels氏の共鳴管)
古いWTQWT
図-2 Michels 氏の共鳴管:
名器LowtherのPM-6を天板に1発取り付けたもの。

どちらも、現在普及しているTQWTを2つ、背面もしくは前面で合わせたもの、と解釈。
でも、何か面白そう。

思いついたのは、長岡鉄男氏がBS-101(ダブルベースミニ)やBS-108(ラウンドネス)のように、SPboxの前後もしくは左右にウーハーを配置し、低音の押し出しを強化させる方法。
この、BS-101の下側にダブルのTQWTを加えたらどんな音になるんだろうか。
↓図3 イメージ(下部の空白部は開口部)
2通DTQWT
3-aはボックスの左右にユニット2個を配置(全面Twのみ)、3-bはボックスの前後にユニットを配置を想定した。

ところで、TQWT方式に関しては、共鳴管(チューブ)の長さだけを考えれば良いと云う簡単スピーカーボックス?。

webでの検索では、TQWTの設計には細かい決まりが設定されていると云う記載が多いが、SPユニットの取り付け位置、開口部の面積比率だけであって、チューブの太さ、テーパー(仕切板の傾き)についての記載は見当たらない(私の勉強不足か)。
もっともらしいサイトもあるが、チューブにテーパを持たせることや、ユニット位置、開放端の一部を閉じることの意味を取り違えている書き込み、TQWTエンクロジャーの設計と称し、希望周波数や開放端面積、閉管部面積を入れると自動計算してくれるものもあるが算出される数値が??である。

持っているTQWTの古い資料でも、チューブ゚の太さ(SPユニット側近の)については、ユニットが収まる物理的寸法程度および開放端面積はユニット振動板の実効面積の3~5倍など明瞭な規定が見当たらない。
いくつかの資料から算出すると、ユニット側近の太さはユニットの実効面積比率で,1.6~5.2倍、開口部面積は3~9倍と様々。逆に言えば、TQWTの設計適応範囲は広くTQWTとして作動すると云う事でしょうか?。

長岡鉄男氏は共鳴管の太さについて、振動実効面積の1.5倍~3倍としている。
先日作った、ミニQWT(直管折り曲げ)はユニット裏の太さは2.12倍、開放端面積3.18倍。

ユニット取り付け位置にしても、10cm移動させると極端に音が変わると云う人もいれば、全長の1/3~1/2の範囲で移動しても試聴感上問題が無いと云う人もいる。
また、ユニット取り付け位置が仕切板の中(閉管部)にスッポリ収まっているのが良いのか、半分出ているのが良いのか、完全に出ているのが良いのか。ビール瓶に息を吹きかけて、ボーボーと鳴らす遊びから半分でした方が良いように思えるが。

開口端面積の一部(40%)を閉じることで、共鳴強度を下げる働きとされているが、一部を閉じることで大型バスレフであると考えている人も多い。私は大型バスレフを作った事がないので解らないが、バスレフとは全く違う音がするのも事実。

先のミニTQWTはほぼ同サイズのバスレフと音が違う(バスレフの設計が間違っていたのかも知れないが)。

また、長岡氏設計のF-62(ブルースカイ)も作って持っているが、明らかに同サイズのTQWTと音が違う。
ブルースカイは2.5mの共鳴管タイプ(ユニット取付位置は閉管部端)、軽快で鳴りっぷりは良いいが、しっとり感がない、今は無い90cm高のTQWTは雄大であるが、厚みのような音が感じられたように思われる。
(F-62の開口部を40%閉じてみようか?)

シンプルな構造のTQWT、実は不可思議なシステムであるように思える。

話を元に戻す。
今回は、ユニットを前後に付ける図3-bの方法で検討することにする。

長岡氏は共鳴管の太さについて、振動実効面積の1.5倍~3倍としている。
先日作った、ミニQWT(直管折り曲げ)はユニット裏の太さは2.12倍、開放端面積3.18倍。

で、
今回の使用ユニットは10cmウーハー×2を考えている。
これで試作boxのチューブ太さを考えると
 10cmウーハの半径a=4cm、実効面積50cm2。
            バッフル幅12cm       バッフル幅15cm
1.5倍=75cm2       6.3            5.0cm
2.0倍=100cm2       8.3            6.7
3.0倍=150cm2      12.5           10.0

図-1のDTQWTでは前部20cmウーハーa=8cm(推定)で201cm2、バッフル幅28cmでチューブ奥行10cmでは280cm2で1.4倍。
後部パイプは同様に30cmウーハーでa=12.5cm(推定)で490cm2、チューブ奥行15cmでは0.86倍である。
開放部(box底部)面積は、前後でユニットの大きさが異なるので計算し難いが、ザックリとした計算で前部で2.5倍、後部で1.5倍の計算か(合計4倍?)。

図-2のMichelse氏の場合はPM-6(20cm)a=8cm(推定)→201cm2
仕切板上部での太さは、7.62、8.9cmでバッフル幅24.13cmからユニット実効面積の0.9倍から1.1倍に、開放部(BOX底面積とする)で4倍に相当する。

ここで問題点が、
図1のDTQWTは前後のユニットの大きさの差から前後のチューブの太さに違いがあるのは解るが、図2Michelse氏はユニットがBOXの上部に一個あるだけなのに、左右のチューブの太さと閉管部先端の位置が微妙にずらし、左右非対称にしてある。
これは、前後のパイプが相互干渉を避けるためなのか。

加えて、DTQWTの開口チューブ(2枚の仕切板)上部の寸法およびMichelse氏の閉管部上部の寸法が、左右(前後)のパイプ寸法に比例していない(DTQWTは狭く、Michelse氏のは広く)。
頭の悪いカッキーには、法則が見いだせない、恐らくカット&トライで作られた物か。

以上から仮設計してみた↓。
DTQWT仮寸法
バッフル板幅15cmとして、倍率はユニット実効面積比。太さはユニットの物理的な寸法から適当に。
仕切板上部の間の寸法は図-1のDTQWTを参考にした。
インチは深い意味無し、Michelse氏が左右のパイプの太さや中心点をインチ単位でずらしているので、真似ただけ。

長岡氏のダブルベースなどのユニットの反動を利用するには、ユニット間隔をもっと狭くしないといけないのか。

趣味の領域から出ないカッキーには解らない。

ユニットは取り敢えず、コイズミ無線とFostexのコラボユニットのFK-10Wを考えているのですが。

さてさて、まともな音がでるのだろうか、制作は何時から取りかかろうか、

もしよろしければ↓↓↓をポチポチとお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村


スピーカーボックスの制作

久々の工作

雨の多い日、畑を追われたカッキー、何か手を動かしていないと・・・・・・。
4年ぶりにスピーカーボックスを作ることにした。

箱の形式は共鳴管方式。
使用スピーカーユニットはTangBandのW3-1319、8cmフルレンジ。

共鳴管方式のボックスは、スピーカーユニットのパラメーター(特性、性能)を考えなくとも良い。
(いい加減なカッキーにはもってこい、厳密には必要)
取り敢えず、全体の管の長さだけを考えれば良いい。

以前、共鳴管は16cmユニットでTQWT(TaperedQuarterWaveTube)方式の箱を作った事がある↓。
(日本語でテーパー付き1/4波長で共振するの管の意)。
管の長さは90cmの折り返しで約180cm、箱の大きさも高さ1mほど。
管全長の4倍に相当の共振する周波数を中心に増強される。
例えば、344÷4L=f(音速344m、L長さ)、180cmの場合は47Hzを中心に増強となる。
tqwtイメージ図
閉口部の面積=0 の場合のSPユニットの位置は全管の長さの1/2のところ。
実に簡単な構造、これで低音が稼げるです。

今回の小型BOX。
今回は8cmフルレンジユニットTangBandのw3-1319使用。
ベッドサイドやパソコンサイドにおける小型のスピーカーボックスを検討した。
小型にしたいが、管の長さは稼ぎたいので、↓図の様に2回の折り返した。
35cm×3で音道105cm、約82Hzが増強される計算になる。

TQWTでは、管の形がテーパーになっているが、今回は直管構造としたのでTQWTでなく、QWTになる。
直管構造の場合のスピーカーの位置は、全管長の1/3のところになる。
詳しくは、TQWTをwebで検索してください。
SPイメージ図syuku
(箱正面の幅は13cm、高さ38cm、奥行き28cmとした)

今回使用したSPユニットのW3-1319のフレームはスチールプレスのため、取り付ける際にボルトで強く締め付けると変形するので、フ
spフランジ溝
レームの窪みに入れる↓のようなパッキンを紙でつくり、ニスで固めた。
板目紙を5枚木工用ボンド重ね、円切りカッターでくり抜く。
紙パッキン
装着したパッキン↓
紙パッキン装着

箱の制作
ホームセンターで1.5cm厚のラワン合板を購入し、切り出しも行って貰った。
木工ボンドで組み上げる。

↓箱の断面、ここまで組み上げた状態でスピーカーと、もう一方の側板を木ネジで取り付け、実際に音を出してみる。
アナウンサーの声にエコーが掛からないで、低音の量感が出るように吸音材の位置と量を調整する。
閉管部とスピーカーユニットの背面に脱脂綿を貼り付け吸音材とした。
断面sp

箱の塗装
今までスピーカーボックスはウレタンニス仕上げで行ってきたが、今回は着色することでラッカー塗装にした。
スピーカーケーブルを配線(管に沿わせて)し、もう一方の側板をボンドで接着する。
(ケーブルがズレ落ちない様に端を仮固定すること)
サンディングシーラー
先ず、ラッカー塗料が木材に付着し易い様に、極端な吸い込みを防ぐためにラッカー用サンディングシーラーを捌け塗り、乾けば400番紙やすりで研磨、また塗装。これを3回行った。
ラッカースプレ
↑今回使用したラッカースプレー。
最初、焦茶色にするともりで、茶色スプレーを購入。
その内、緑も良いなぁ、正面と上面を緑に塗り分けようか。
box茶色
緑box
スプレー塗装は初めてなので、教科書通り垂れないように薄くサッと散布、一回散布すれば室内で乾燥(半日から数日)した。
(もちろん塗装は室外で、晴れ日で風の無い日を)
それでも、一回散布すれば、辺り一面、細かい粒子が。
重ね塗りを行っている内に、オヤッ、茶と緑の色ムラが良い感じ。
迷彩色にすれば。
迷彩色
と、云うわけで迷彩色で仕上げ。
何回散布しただろうか、4,5回、いや6,7回解らない。
茶色1本半、緑1本使用した。
(何処まで塗れば良いのか解らないのが本音)
box仕上2

今回使用した(内蔵した)スピーカーケーブル↓。
オーディオテクニカの安価な製造中止品を大型電化店の隅で見つけた。
SPケーブル
PCOCCとOFCのハイブリットケーブルで、Lch、Rch同時に1本(1枚)で引き回せるフラットケーブル。
今回は、中央分離体を挟んで、左右各2本を合わせて+と-に接続した。
at-dv75fs.png

早速、ユニットを取り付け、試聴。
音源は以前のカーステ<カーステを室内で>
8cm径のスピーカーと思えないような低音感、ドラムもベースもそれなりに。
音全体が飛び出してくるような、バリバリットした迫力の音。
壁掛バスレフ
以前作った、同じ大きさの壁掛けバスレフ↑より断然良い。

色々CDを聞く、ジャズはもちろん、北村英二のサックスやフルートなど管楽器は鳴り響く。
ピアノも迫力、小編成のジャズやクラシックが良い。やはり大編成のクラシックはチョト難か。
明日、新世界を試聴してみる。
それに、まだ共鳴音が少し感じられる。

今回、畑の合間の制作で、9月から始めて2ヶ月かかった。
ラッカースプレー塗装は、今回だけにしたい。
シンナー臭と霧状の粒子の飛散、室外でしか出来ない。
仕上がり程度が解らない。
余談だが、スプレー中に蚊が寄って来る。シンナー臭でも関係ない模様。


もしよろしければ↓↓↓をポチポチとお願いします

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村
プロフィール

大和のカッキー

Author:大和のカッキー
奈良県北部で家庭菜園を
作る楽しみ、工夫する楽しみ、
健康のために植物と接しています。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
リアルタイム
現在の閲覧者数:
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア